お知らせ 【重要なお知らせ】iOSアプリの運用および提供を2024年6月3日(月)を以て終了いたします。詳細は お知らせをご覧ください。

お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、イベントサーチAPIの提供方法の見直しを決定しました。2024年5月23日(木)より 「企業・法人」「コミュニティ及び個人」向けの2プランを提供開始いたします。ご利用にあたっては利用申請及び審査がございます。詳細はヘルプページをご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Apr

13

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」(自然言語処理、物体検知、API活用)

高度AI機能をPythonで使ってみよう!!製造現場でのロボティクス、AI、データの利活用

Organizing : SocioInfo

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」(自然言語処理、物体検知、API活用)
Hashtag :#socioinfo
Registration info

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」全参加枠

Free

FCFS
9/20

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」〜招待講演枠

Free

FCFS
0/10

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」〜宿泊だけ無し枠

Free

FCFS
4/5

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」招待講演と懇親会枠

Free

FCFS
0/5

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」懇親会と宿泊枠

Free

FCFS
0/5

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」懇親会のみ枠

Free

FCFS
0/5

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」2日目のみ枠

Free

FCFS
1/5

Attendees
usagisan2020
tadashiman
yusareiko
thetakei
TatekiKawanabe
YoshihikoKubota
Kawajun
murotsu
anko12
saruta
View Attendee List
Start Date
2024/04/13(Sat) 09:30 ~ 
2024/04/14(Sun) 15:00 
Registration Period

2024/03/13(Wed) 15:00 〜
2024/04/10(Wed) 18:00まで

Location

かみす防災アリーナ

茨城県神栖市木崎1219-7

View Map Venue Homepage
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」(OpenAI API,テキストアナリティクス,ビジュアライゼーション)、プログラミング教育、製造現場での業務アプリ、AI、データ、ロボットの利活用」(自然言語処理)、

〜前提知識がなくても大丈夫!!画像や動画から物体検知やOpenAIのAPIでサービスを作ろう!!〜

日程は2024年4月13日、14日の土日で開催です。

今回のSocioInfoは、データを利活用のためにもChatGPTなど活用されいているAIの活用をしたサービスをつくることを体験することでデータの利活用などを勉強できると思います。また現在の小中学校のプログラミング教育で子どもたちがどんなことをやっているのか、製造現場などの業務アプリ、AI、データ、ロボットの利活用がどのように使われているのかなどなど、さまざまな内容で開催します。

ビジネスやさまざまなところで情報のやり取りが行われます。その情報を元にデータを利活用できるようにしたり、多くのテキスト(文)を分析(アナリティクス)して、解析したりしています。 解析した情報はグラフ化したりと可視化することで、新たな発見やさらなる分析ができるようにしたりします。 Webにある文章をテキストマイニングして、データ分析をおこない予測をしてみたりといったことができます。 今回は、画像や動画から物体を検知して分析したり、OpenAIのAPIを使用して、高度なAI機能を組み込んだサービスの作成のハンズオンなどおこないます。pythonをつかってデータの利活用ができるようにして業務で使用できるサービスの利用、提供などを考えてみたり、マーケティングを考えてた新しい発見などなどをテーマに開催します。

また、招待講演は、現在複数調整中です。小中学校で3Dの電子地図を活用した防災教育から現在の義務教育でのプログラミング教育の取り組みをご紹介いただきます。プログラミング教育が現在どのように行われているのか、どのような教育で子供達ば学んでいるのかなどのお話を頂戴します。

気軽にマーケティング、テキストアナリティクス、データ分析、データ活用がどんなものかを勉強し、簡単に体験できればと思います。

前提の知識がなくても大丈夫!プログラミングが分からなくても、大丈夫です!一緒に体験して楽しんでいきましょう!!

もちろん、いつも通りITが全くわからない人、技術の前提知識が無くても、誰もが参加しても楽しく勉強できるようにします。 ハンズオンは合宿なので、相変わらずゆるくやっています。懇親会も実施します。 その代わり、当日の検温を実施します。またあわせて体調が悪い場合には、当日の参加はご遠慮いただく場合があります。 体調が悪くなった場合には、遠慮なくご連絡ください。 アルコールの消毒、手洗いなどもおこなって安全に開催できるようにしていきましょう。

注意!!参加チケットは、connpassで申し込み管理しています。ご協力お願いします。

チケットのお申し込みはお早めに!!(参加料は無料です。宿泊と懇親会は下記に記述があります。)

内容、スケジュールは講師などの都合で変更する場合があります。ご了承ください。

プログラムは一番下に記載しています。ご確認ください。

概要

「現在、さまざまなテキスト情報がデータとなって公開されている。これらの情報をもとにさまざまな統計処理をしたり、機械学習などのAIを活用した予測をおこなったりできるようになりました。また意思決定のための参考情報として分析したり、それぞれの領域の量的データではない口コミの情報をSNSから抽出、会社の営業の情報などを自然言語処理をおこない、課題の発見、新しいサービス、新規事業や領域の創出など欠かせないものになりました。 高校では、情報Ⅰをおこない大学受験科目に情報Ⅰが入りました。この情報Ⅰはこれらのサービスが現在のデジタル社会にある生活の中の産業や各種サービスのかなで生きていくための必要な素養の一つになりました。さらに企業においてはWebプログラミングが採用試験に導入されるなど社会がデジタルを前提とした構造になってきています。もう既に、それぞれの経済活動をデジタルを抜きにしてはできなくなったということです。

そのなかで、私たちは何がどうなって便益を享受しているのか、デジタル社会によってもたらされた利便性と一緒に、デジタルでなにができるのかを知ることは今後の社会を生きていくためにも必要なことになります。 このような状況の中、デジタルを活用した都市構想(スマートシティ)によって、便利なだけでなく新しい住民サービスができるようになりました。世界各国でデジタルで変革しより良い社会にするためにデジタルで社会をトランスフォーメーションさせること(DX)を実施しています。 また産業やサービスなどのデータなども活用してAIにて判別したり、分析して更なるサービスをおこなうことができたり、利便性のある第四次産業革命としての未来都市構想(スーパーシティ)に発展すること求められています。 新しい未来と社会、産業の進化に対応するためにも必要なことになっています。

鹿島臨海工業地帯では、もちろんのこと工業地帯や製造現場では、スーパー認定事業者になると定修の期間が8年に伸びたりなどのメリットがありますが、そのためには必要なのがIoT、AI、ビッグデータといったことを取り入れて、基本的なデータ分析の技術を身につけ、IoT/AIなどの技術を使いこなせるようにならないといけないといったことが、大切になってきます。

そうなるとデータを使って判断するデータの可視化、分析を今覚えることは、現場としても必要なことなんです。

そこで今回の研究会では,「高度AI機能、データ利活用(OpenAI API,テキストアナリティクス,ビジュアライゼーション)」(自然言語処理)と題して、高度なAIを組み込んだ機能をもつサービスの作成をハンズオンでおこなったり、データを利活用したサービスなどハンズオンや招待講演を実施します。

多くのデータを活用してハンズオンでおこないます。初心者にもわかりやすく、2日間に渡りハンズオンで勉強しながら、pythonのプログラミングでデータを利用してデータ分析のための可視化を勉強しましょう。

もちろん、招待講演のみのご参加も歓迎しています。奮ってご参加ください。

ハンズオンは、分からないことが恥ずかしいのではなく、全員が分からないこととして、楽しく初めての方も勉強できます。

*※ノートPCをお持ちになってください。

*※わからないことがあれば、みんなでフォローしていきますので、安心してご参加ください。

*※東京駅八重洲南口1番乗り場から、鹿島神宮行きにて鹿島セントラルホテルで降りて移動します。鹿島セントラルホテルの高速バス乗り場に到着しましたら、一緒に会場まで移動しましょう。(このページの一番下に時刻表などリンクを記載しています)

*※会場は、茨城県神栖市防災アリーナの大会議室です。(https://www.kamisu-arena.com/) 宿泊先は、鹿島セントラルホテルです。(https://www.ekch.jp

■内容

ハンズオン講演1 「AIを使用したサービスの作成,OpenAIのAPIを使ってサービス作成」(物体検知,生成AI機能の活用,自然言語処理)〜前提知識なくても大丈夫!AIを使ってサービスを作ろう!!〜(ハンズオン) 岡田忠(情報処理推進機構 デジタル基盤センター デジタルエンジニアリング部 データスペースグループ エキスパート)

講演2「GUIDES:汎用画像評価システムの提案」飯尾淳(中央大学 国際情報学部 教授)

招待講演1 「立体ハザードマップを活用した防災学習」 久保田善彦(玉川大学 教育学部 教授)

招待講演2 「ベンチャー企業によるデータ利活用の社会実装の実践」 西郷 貴洋(株式会社センシンロボティクス コンサルティンググループ マネージャー)

招待講演3「調整中」(招待講演2日目)調整中

今回も、盛りだくさんな内容です。

■費用

参加費は無料です。

(会場)神栖市かみす防災アリーナ (宿泊)セントラルホテル(先着20名まで)、20名過ぎると別の宿泊所になります。 費用(宿泊・宴会費など):宿泊会費は8,500円(調整中、宿泊費)、懇親会のみは5,000円(※酒代は別)、昼は外でおこないます 。

★宿泊、懇親会に不参加の場合には、無料です。

ハンズオン講演の内容は、ハンズオン形式のため、パソコンを持参願いします。

講演1「AIを使用したサービスの作成,OpenAIのAPIを使ってサービス作成」(物体検知,生成AI機能の活用,自然言語処理)〜前提知識なくても大丈夫!AIを使ってサービスを作ろう!!〜(ハンズオン)

岡田 忠 情報処理推進機構 デジタル基盤センター デジタルエンジニアリング部 データスペースグループ エキスパート

https://researchmap.jp/okadat/

概要:  現在、世界中で生成AIによる活用が注目されています。そこでChatGPTのOpenAIが提供しているツールを活用してサービスをどうやって作るのか、pythonを使ってWebアプリケーションを作成して体験してみたいと思います。さまざまなデータをもとにAIが回答してくる内容が、企画書などの叩き台として活用したり、受け答えを行うことで活用が変わってきます。まずは、やってみましょうということで今回ハンズオンを行います。  pythonというプログラミング言語を使用して、サービスを作ってみたいと思います。  テキストの分析などの活用を体験し、どんなことができるのか、わかりやすく面白く体験しながら勉強できると思います。

プロフィール:  1971年、茨城県鹿嶋市生まれ。茨城大学大学院 理工学研究科 情報・システム科学専攻 博士後期課程単位取得退学。 情報保全、危機管理、災害リスク、リスクコミュニケーション研究、人工知能、セマンティックウェブ、ナレッジグラフ、オントロジー、サイバーセキュリティ、GEOINT、テロ対策、国際テロ。パケット解析、Linuxを用いたシステムに関する評価、検証、システム構築。LinuxPCに関する評価、検証、システム構築及び推進、プロジェクトマネージメントなど従事。 委員として、2006年から日本OSS推進フォーラム デスクトップ部会 メンバー、クラウド技術部会 副部会長兼チーム2リーダ。国際情報化協力センター(CICC)アジアOSS普及推進小委員会委員。電子情報通信学会サイバーワールド研究会専門委員。2014年からデジタル・フォレンジック研究会 日本語処理解析性能評価分科会委員。サイバー防衛部会 課題検討整理分科会主査。いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会つくば市実行委員会 常任委員、競技委員。 研究会・勉強会 デジタルフォレンジック研究会 、社会情報学勉強会 SocioInfo/安全保障勉強会 SecInfo主宰。OSS、情報セキュリティ、IT農業、スポーツIT、等。クライシスマネージャ(安全保障危機管理士)、第二種電気工事士など 所属学会、情報処理学会、日本リスク研究学会、社会情報学会、日本国際情報学会、戦略研究学会

講演2「GUIDES:汎用画像評価システムの提案」

飯尾淳(中央大学 国際情報学部 教授)

概要: 画像の感情評価システムを提案します。以前に実施した映画ポスターの評価に関する研究から、特徴的なポスターはしばしばポジティブな評価を受けることが示されました。拡張システムでは、ユーザが画像を評価し、結果を閲覧できます。今後は、人間と機械が作成した作品の感性評価や、ファッション性と好感度の評価、異なる年齢層の嗜好の理解に焦点を当てる予定です。本講演ではその概要について紹介します。

プロフィール:  1970年,岐阜市に生まれ,小学校から高校まで長野で山に囲まれて育つ.1988年,長野県長野高校卒業後,東京大学入学のため上京.1994年,東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻修士課程修了.同年(株)三菱総合研究所入社.2009年から東京農工大学国際センターの客員准教授を兼務.三菱総合研究所情報技術研究センター主席研究員を経て,2013年,中央大学文学部社会情報学専攻,准教授,兼,理工学研究所,社会科学研究所,研究員.2014年,同学部教授,2019年より,現職.2020年,中央大学AI・データサイエンスセンター,所員.2021年,中央大学人文科学研究所,研究員.人間とシステムのインタラクション,人間とITの関わり方について,強い興味を示す.専門は,ユーザインタフェース,オープンソースソフトウェア,IT人材育成,データ解析等.ミステリとバーボンをこよなく愛する研究者.

招待講演1「立体ハザードマップを活用した防災学習」

久保田善彦(玉川教育大学 教育学部 教授)

概要:  調整中

プロフィール: 玉川大学教職大学院 教授 久保田善彦 1966年生. 1989年東京学芸大学教育学部卒業. 1991年同大学院教育学研究科修士課程修了.2006年兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科博士課程修了. 1991年茨城県公立中学校教諭.2006年上越教育大学大学院学校教育研究科助教授. 2013年宇都宮大学大学院教育学研究科教授. 2019年玉川大学教育学研究科教授.現在に至る. 博士(学校教育学). テクノロジの教育利用と概念形成などの研究に従事. 理科教育学会,科学教育学会,教育工学会等の会員.

招待講演2 「ベンチャー企業によるデータ利活用の社会実装の実践」

西郷 貴洋(株式会社センシンロボティクス コンサルティンググループ マネージャー)

概要: センシンロボティクスは、AI✕Dataで社会課題を解決する、社会インフラDXのリーディングカンパニーです。プラント・インフラ・ライフライン等の重厚長大産業のお客様を対象に、データ利活用で操業・経営の課題を解決するための業務アプリ・AI・ロボット等によるソリューションを提供しています。今回の講演では、当社の活動の紹介を通して「データ利活用の社会実装」の実践例を示します。

プロフィール: 1985年、埼玉県浦和市(現さいたま市)生まれ。2009年、東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻修士課程修了。同年株式会社三菱総合研究所入社。中央省庁・自治体向けの防災・社会安全・産業安全に関する調査研究、民間企業向けの危機管理・BCPやリスクマネジメントに関するコンサルティングに従事。同社主任研究員を経て、2021年に株式会社センシンロボティクスに参画。石油精製業等のクライアントを中心に、先端技術活用、システム開発・運用などによる社会インフラDXプロジェクトを推進。2023年より現職。

招待講演3 「法令データを活用したテキスト分析技術の実践例紹介」

川合 淳一 (合同会社ドリームオン (DreamOn LLC) 業務執行社員)

概要: 調整中

プロフィール:  鹿児島高専卒業後、ITベンダー・ベンチャーを経験し、独立。2013年合同会社ドリームオン創業、エンジニア兼コンサルタントとしてITサービス開発・運用を行う。デジタル政府や事業者間の協業促進に向けて2023年に独立行政法人情報処理推進機構(IPA)でエキスパートとして勤務。2024年4月に独立し、自社事業にて実施を始めている。

ハンズオンご参加の方は、PCのご持参お願いします!

スケジュール&講師・開催場所・交通機関

プログラム

■日時 ・4月13日(土)、4月14日(日)の 2日間 1日目 -9:00 鹿島セントラルホテル 高速バス乗り場に集合(会場の「かみす防災アリーナ」に移動)

-9:50開始 SocioInfo#27 説明 岡田忠 エキスパート 情報処理推進機構

-10:00ハンズオン講習1「AIを使用したサービスの作成,OpenAIのAPIを使ってサービス作成」(物体検知,生成AI機能の活用,自然言語処理)(ハンズオン)岡田忠(情報処理推進機構 デジタル基盤センター データエンジニアリング部 エキスパート)

-12:00昼食

-13:00ハンズオン講習1「OpenAIのAPIやpythonを使用したWebアプリでサービスの作成(高度AI機能の活用)」(ハンズオン)岡田忠(情報処理推進機構 デジタル基盤センター データエンジニアリング部 エキスパート)

-16:00招待講演1「立体ハザードマップを活用した防災学習」久保田善彦(玉川教育大学 教育学部 教授)

-17:00 招待講演2 「ベンチャー企業によるデータ利活用の社会実装の実践」西郷 貴洋(株式会社センシンロボティクス コンサルティンググループ マネージャー)

-17:30 懇親会 

2日目

-8:00 朝食

-9:00 招待講演3 「法令データを活用したテキスト分析技術の実践例紹介」川合淳一(合同会社ドリームオン 業務執行社員)

-10:00 講演2 「GUIDES:汎用画像評価システムの提案」飯尾淳 (中央大学 国際情報学部 教授)  -12:00 昼食

-13:00 見学会(観光に行きましょう!)  →愛友酒造酒蔵( http://aiyu-sake.jp ),鹿島神宮、場合によっては海、そのほか

■講師

  • 岡田忠 情報処理推進機構 デジタル基盤センター データエンジニアリング部 エキスパート 

  • 飯尾淳 中央大学 国際情報学部 教授 

  • 久保田善彦 玉川教育大学 教育学部 教授  

  • 西郷 貴洋 株式会社センシンロボティクス コンサルティンググループ マネージャー 

  • 川合 淳一 合同会社ドリームオン (DreamOn LLC) 業務執行社員

■一般講演

*(調整中)

開催場所・交通機関

【現在、宿泊会場および懇親会を調整中のため、懇親会の金額が変更の可能性あり】 参加費用(宿泊・宴会費など):宿泊会費は8,500円(宿泊費)、懇親会のみは5,000円(※酒代は別)、昼、朝食は外でおこないます。※現在、懇親会調整中

★宿泊、宴会に不参加の場合には、無料です。

★(会場調整中)会場、宿泊先は鹿島セントラルホテル(先着20名)(https://www.ekch.jp

場所:〒314-0144 茨城県神栖市大野原4-7-11 TEL:0299-95-5511(代)

鹿島セントラルホテル 高速バス降り場(高速バスのバス停がホテルにあります)で集合(9:00集合です。)

(会場は、東京八重洲南口1番バス乗り場から、鹿島神宮行きに乗りまして、鹿島セントラルホテル 高速バス降り場のバス停で集合です。)

時刻表と時間は下記になります。

https://www.kantetsu.co.jp/cms/wp-content/themes/kr/pdf/bus/20240401infokashima.pdf

東京駅発 7:30 → 鹿島セントラルホテル 9:00着 (1日目だと7:30東京駅発の高速バスが最初から間に合うバスになります。)

東京駅からは下記の停留所から発車です。 東京駅 八重洲南口 1番口高速バス乗り場(鹿嶋、鹿島神宮、カシマスタジアム行き)

バス乗り場の情報

https://www.jrbuskanto.co.jp/bus_stop/tokyo_station231012.pdf

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

tadashiman

tadashiman published SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」(自然言語処理、物体検知、API活用).

03/13/2024 13:43

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」(自然言語処理、物体検知、API活用) を公開しました!

Ended

2024/04/13(Sat)

09:30
2024/04/14(Sun) 15:00

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2024/03/13(Wed) 15:00 〜
2024/04/10(Wed) 18:00

Location

かみす防災アリーナ

茨城県神栖市木崎1219-7

Attendees(14)

usagisan2020

usagisan2020

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」(自然言語処理、物体検知、API活用) に参加を申し込みました!

tadashiman

tadashiman

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」(自然言語処理、物体検知、API活用) に参加を申し込みました!

yusareiko

yusareiko

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」(自然言語処理、物体検知、API活用) に参加を申し込みました!

thetakei

thetakei

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」(自然言語処理、物体検知、API活用) に参加を申し込みました!

TatekiKawanabe

TatekiKawanabe

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」(自然言語処理、物体検知、API活用) に参加を申し込みました!

YoshihikoKubota

YoshihikoKubota

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」(自然言語処理、物体検知、API活用) に参加を申し込みました!

Kawajun

Kawajun

I joined SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」(自然言語処理、物体検知、API活用)!

murotsu

murotsu

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」(自然言語処理、物体検知、API活用) に参加を申し込みました!

anko12

anko12

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」(自然言語処理、物体検知、API活用) に参加を申し込みました!

saruta

saruta

SocioInfo#27「AIを活用したデータ利活用」(自然言語処理、物体検知、API活用) に参加を申し込みました!

Attendees (14)